宙(そら)と私の散歩日記

大雪山の麓の町から、ビーグル犬の宙(そら)とのお散歩を中心に季節の移り変わりなどを綴ります。
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP ≫ CATEGORY ≫ ドックラン
CATEGORY ≫ ドックラン
       次ページ ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

たくさんのおともだちと会えた日。

ドッグストック1
おてんきのかみさまに おねがいがつうじて、かんかん照りの日曜日。


ドッグストック2
わたしたちは、きゃんららちゃんのおうちの車にのせてもらって、さっぽろまで れっつごー。
はじめてのおともだち、まいろくんと でぃでぃえくんも いっしょ。



ドッグストック3
きょうは、どさんこびーぐるくらぶの おふかいの日。


ドッグストック4


たくさんのおともだちにあえたよ。

ドッグストック5


ドッグストック6


ドッグストック7


ドッグストック8


ドッグストック9


ドッグストック10


ドッグストック11


ドッグストック12


ドッグストック13


ドッグストック14
じこしょうかい、きねんさつえい、きかくもりだくさん。


ドッグストック15


ドッグストック16


ドッグストック17


ドッグストック18


ドッグストック19


ドッグストック20


ドッグストック21


ドッグストック22
みーんな笑顔のなかで、さえない顔だった わたし。
きんちょうして、いつものげんきをだせなかったの。



ドッグストック23


ドッグストック24


ドッグストック25


ドッグストック26


ドッグストック27


ドッグストック28


ドッグストック29


ドッグストック30


ドッグストック31
仮装大会では、みんな だいかつやく!


ドッグストック32


ドッグストック33


ドッグストック34


ドッグストック35


ドッグストック36


ドッグストック37


ドッグストック38


ドッグストック39
とおくにいたパインちゃんを かくしどり。


ドッグストック40


ドッグストック41


ドッグストック42


ドッグストック43


ドッグストック44
おいでおいでのげーむでは、わたしも がんばって走ってみたけど、つかまらないように逃げちゃった。
ひやあせが出る おえかきのげーむもあったよ。
わたしはね、ひしゃくりれーにも参加したよ。



ドッグストック45
あっというまに たのしいじかんはすぎて。


ドッグストック46
おうちに帰ってきてから、かつやくした わたしだった。
ばんごはんのときには、マックスくんのおねーちゃんのてづくりパンをたべて、だいまんぞくしたしね。
きょうは、おいしいものを たくさんいただいて しあわせな日でもあったよ。
スポンサーサイト

みずうみ。

みずうみ1
どこへもでかけない わたしと宙ねえさんは、みずうみへ連れていってもらうことになったの。
るーちゃんのおじちゃんのうんてんで、たのしいドライブ。
ついたところは、かなやま湖のどっくらんだよ。



みずうみ2
どっくらんは とってもとっても久しぶりな わたし。


みずうみ3
るーちゃんは、げんきに でぃすくをきゃっちする。


みずうみ4
わたしは、せっかくじゆうな身になれたのに、走りもせずに、ずっと地面に鼻をくっつけていた。
そのうちに 端っこまで行っちゃって、そのまま進んだら いつのまにか ランの外に出ちゃってた。
わたしは そんなことには気がつかなくて、匂い嗅ぎを続行した。
だから「おやつ」のことばで、すぐに身柄かくほされたんだよ。



みずうみ5


みずうみ6


みずうみ7
なかよく いっしょに待機。


みずうみ8
じっと待機はにがてなので、わたしは ときどき もうれつに文句を言う。


みずうみ9
ここは、いとうやさんという カレーのおみせなの。
宙ねえさんは、ここのカレーにあこがれていた。
ずっと行きたいって思っていたよ。



みずうみ10
でも そのまえにコロッケ食べて。
ぽてとちーずのコロッケは とってもおいしかった。



みずうみ11
るーちゃんのおじちゃんのかれー。
おばちゃんもおなじ。
そしてね、さらだのドレッシングがとってもおいしいんだって。



みずうみ12
宙ねえさんは、おむかれー。
やっぱり そうぞうどおりの おいしさ!
だいまんぞく。



みずうみ13
そして、むかったのは みずうみ。


みずうみ14


みずうみ15
そこには、りそうてきなラベンダーのお花畑が広がっていた。


みずうみ16
はまなすも。


みずうみ17
なんて良い場所なんだろうと うれしくなったよ。


みずうみ18
空があって、山があって、水があって、お花もある。
風も吹いて きもちがいい。



みずうみ19


みずうみ20
るふぃちゃんは、お水がだいすきでしょ。


みずうみ21
みずうみには お魚がいた。
ちっちゃな稚魚もおよいでいたよ。



みずうみ22


みずうみ23


みずうみ24
いちにちじゅう、こんなところで すごしてみたい。


みずうみ25
かえりに、おじちゃんに連れて行ってもらった ぱんやさん。


みずうみ26
やきたてで、あっちーちーのぱんだったの。
宙ねえさんの ばんごはん。
あしたの母さんの おやつ。



みずうみ27
いちにちあそんで帰ってきたよ。
わたしは ここちよい疲れぐあい。
すぐにでも ねむりたい気持ち。
でもね、ばんごはん食べるまでは 眠れないの。
がんばって 起きていたよ。

きょうは、わたしたちの 夏の思い出の いちにち。

とおくからの おともだちだったよ。

いらっしゃい1
うすぐもり。
さくらのはなびらがたくさんだよ。
きょうは、ぜったいに晴れてほしかったの。
とおくから おともだちが やってくる日。
わたしも はりきって 車にのったんだよ。



いらっしゃい2


いらっしゃい3
やっぱり 晴れてきたよ!


いらっしゃい4
わたしたちには みなれた風景なんだけど、たんぼがいっぱいで びっくりだって。


にっきには かきたいことが たくさんあったよ。
でも、きょうは すこしだけ。


いらっしゃい5
いらっしゃいなのは、ドロップちゃん。
お顔はあとでね。



いしゃっしゃい6
パインちゃん。
ドロップちゃんのことが だいだいだいすきな いもうと。



いらっしゃい7
そして まるこちゃん。
ドロパイちゃんのパパが だいだいだいすき?



いらっしゃい8
こんどは、こちらのおともだち。
みぞれちゃん。
ランチちゃんのおかあさん。



いらっしゃい9
みぞれちゃんのおうちのシフォンちゃん。


いらっしゃい10
ランチちゃん。


いらっしゃい11
ミミちゃん。
宙ねえさんは、みぞれちゃんとミミちゃんをまちがったりしたよ。



いらっしゃい12
会いたかったびーさんだよ。
ふわふわだった。



いらっしゃい13
キャンララちゃん。
きょうはね、キャンディちゃんが モデルのようにしゃしんさつえいさせてくれたよ。



いらっしゃい14
杏ちゃん。


いらっしゃい15
りさちゃん。
きょうも いっぱいはしったね。



いらっしゃい16
そして わたし。


いらっしゃい17
キャンララちゃん。


いらっしゃい18
ドロップちゃん。


いらっしゃい19
みんなで あそんで、それから中で じゅんばんにごはん。


いらっしゃい20
たまみさんに「何食べたの?」って聞いたら、やきかれーだよって。
宙ねえさんも まねしてみたよ。
とってもおいしかったよ。



いらっしゃい21
はじめて会う びーぐるのおとこのこ。
マロちゃん。
1さいの おたんじょうびだから、来たんだって。
わたし、マロちゃんに似てる?



いらっしゃい22
それからまた外であそんだよ。
パインちゃんがドロちゃんを かじってる!
ドロちゃんは すずしい顔。



いらっしゃい23
しゅうごうして しゃしんだよ。
キャンララちゃんのぱぱさんに、うつしてもらったの。



いらっしゃい24
それから、空港のそばの あいすくりーむ屋さん。


いらっしゃい25
だーじりんのアイスと いちごのアイス。


いらっしゃい26
牛さんを みながら おいしいアイス。
わたしは、車の中で ほえてたの。



いらっしゃい27
そしてびえい。
あやかじさん。



いらっしゃい28
たまみさんが、あこがれのおみせだったって言ってたよ。


いらっしゃい29
しゃしんと かんけいないけど、大きなかわいいおさいふが こころのこり。


いらっしゃい30
ここで、みんなで さよならしたの。
たのしい一日がおわりの じかん。



いらっしゃい31
また いっしょに あそべますようにって、おもいながら さよならしたよ。

わたしたちが どんなふうに すごしたか、つづきは あしたね。



わたしたちが おうちにかえったら、母さんが いんすたんとの塩やきそばを 食べようとしてたの。
かっぷの中に おゆがいっぱい入ってて、母さんは混ぜながら食べようとしてる。
「それは、お湯をすててから、すーぷ入れるんだよ。」っておしえたら、「えーそうなの?ふつうのかっぷらーめんかと思ってた」って。
すぐにおゆをすてたけど、さきにすーぷを入れてしまってたよ。
あじが しなかったんじゃないの?

たんじかん どろんこあそびだよ。

春の山1
あけがた げぼしたよ。
きのうのそのまえの夜に 食べた びにーるのふくろが出て来たの。
宙ねえさんは、びにーるは食べてないって思ってたらしいけど、じつは食べてたんだよ。
これで すっきり。



春の山2
たいくつだなって思ってたら、母さんがふーどを少し持ってきたよ。
そしてね、ぱずるで あそんでくれはじめたよ。
どういう しんきょうのへんかなの?



春の山3
でも、やさしくなったわけじゃなくて、やっぱり いちにちじゅう どうしてそんなにうるさいの!っておこってばかりいた。
わたし、きっちんにも しんにゅうした。
そうしたら母さんは とりごはん持ってきて おいでーってよんだよ。
わたし、まよわず キッチンから出て ごはん食べた。
母さんますます きぶんよくなったみたいだよ。




おそくなって じかんがあまりなかったけど、ころちゃんのやまに あそびに行ってみた。

春の山4
いっしゅうかんすぎたら、すっかり ようすが かわってたよ。
わたし、ゆきがない やまで あそぶのは はじめて。
ころちゃん、あしが どろどろになってたよ。



春の山5
とっても かわいい いでたちの るふぃちゃんも来てたよ。
わたし、うれしくなって めずらしく るふぃちゃんを おいかけたんだよ。



春の山6


春の山7
ころちゃんは、おとうさんと あそんでた。


春の山8
るふぃちゃんは それを じっと けんがくだったよ。


春の山9
はるのにおいが プンプンして、きもちが高揚して 走り出したくなる。


春の山10
るふぃちゃんは ひとやすみ。
目のまえに フキノトウがあるよ。



春の山11
あったかくて きぶんよかったよ。


春の山12
わたしが ずっと ごろごろしてるから、るふぃちゃんは ふしぎらしいの。


春の山13
じっくり わたしを かんさつしてたよ。


春の山14


春の山15
わたしね、るふぃちゃんの おじちゃんのいうことは聞くよ。
だけど 宙ねえさんの いうことは 聞かないよ。



春の山16


春の山17


春の山18
おがわの流れが ちからづよくなってきたよ。


春の山19


春の山20


春の山21


春の山22
わたしのぼーる、宙ねえさんには ぜったい貸さないけど、るふぃちゃんは つかっていいよ!


春の山23


春の山24
はたけの 雪も すっかりなくなったよ。

かえってきたら、おふろばに ちょっこうだった。
かんたんに よごれを おとしたよ。
いつも このくらいの 洗い方なら いいんだけどね。
それなら、洗ったあと おおあばれもしないんだよ。




宙ねえさんは、まちゃちゃんとNちゃんと Tちゃんのおうちへ行った。
どうそうかいの ぽすたーつくるんだって。


春の山25
まちゃちゃんが ほーむめいどの あーもんどのけーきを焼いてきてくれたよ。
ちーずけーきの上にあーもんど。
とっても おいしいの。
Tちゃんは、れしぴおしえてねって。
Nちゃんと宙ねえさんは、おいしかったから また作ってねって。
じぶんで 作ってみたらいいんじゃないの!

どぼんってなに?わかんないけどおもしろいよ。

またきょうも雪だったよ。
あそびにいくしたくをさせられて、わたし かばーにもぐって ねたふりした。
やっぱり くるまには のりたくなかった。



どぼん1
なんだか すごく ひさしぶりに あそびにきたような気がしたよ。
わたし、たんねんに あちこち においかぎだった。



どぼん2


どぼん3


どぼん4
しばらく ひとりで あそんでいたけど、るふぃーちゃんの おじちゃんを はっけんして 走っていった。
やったーって きもちだったよ。



どぼん5
るふぃーちゃんは みんなで あそんでた。


どぼん6
空(くう)ちゃん。


どぼん7
びりーくん。


どぼん8
りっくくん。


どぼん9
わたし、るふぃーちゃんと おいかけっこして あそんでた。
むちゅうで おやつに気づかなかったよ。
みんなが よんでくれてたけど、きく耳なかったの。
わたしが おやつに 気がつかないのって めずらしいでしょ。



どぼん10
みんなは びりっくぱぱから おやつもらってた。


どぼん11
わたしも やっと 気がついて いそいだよ。


どぼん12
るふぃーちゃんの おじちゃんは、きょうは なるとのおやつをもっていた。


どぼん13
おいしすぎて、おすわりする よゆう なかったよ。


どぼん14
そして どぼんのあそびが はじまったよ。


どぼん15
なんだかわからないけど、「どぼんだ どぼんだ」って せきたてられたら みんな はしりだすの。
いっしょうけんめい はしらなきゃっていう きもちになるんだよ。
だから わたしも ときどきは いっしょに どぼんしたよ。



どぼん16
だけど、ふいに われにかえるよ。
どぼんてなに?みんな どうして いそいではしるの?



どぼん17
でも たのしいねー。
きがついたら れんちゃんも いっしょに どぼんしてた。



どぼん18
きょうは 優ちゃんと恵ちゃんもきたよ。


どぼん19


どぼん20
優ちゃんと おいしいにおい さがした。


どぼん21
そろそろ みみず みつかるかもね。


どぼん22
ふきのとうも はっけんしたよ。


どぼん23


宙ねえさんが てぶくろかたほう おとしたって。
母さんが編んだ てぶくろでしょ。


どぼん24
だいじょうぶだよ。
わたしが ちゃんと ひろって もっててあげてたよ。



どぼん25
かみちぎって おいたけどね。
また 母さん げきどするね。


わたし きょうも はんせいだった。
れんちゃんままが もってるおやつを じゃんぷして うばおうとしたの。
おやつ たくさん ばらまかれちゃったよ。
宙ねえさん、きょうも らくたんだったよ。
でもね、わたしは たくさん おやつをもらえたし、るふぃーちゃんの おじちゃんに たくさん あそんでもらえて すごく走ったよ。
だいまんぞくで じゅくすいだよ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。